洗面台の水栓レバーとバルブを交換してみた-その②

こんにちは、所長のにゃまんです。

洗面台の水栓レバーが壊れてから5日目。
今日、amazonから交換用部品が届きました。

これで、洗面台で顔が洗える♪

早速、レバーとバルブを交換してみようと思います。

前回の記事は、洗面台の水栓レバーとバルブを交換してみた-その①

スポンサーリンク

交換部品

これが壊れたレバーと、可動部が固くなったバルブカートリッジ。

こちらが新しい部品。

バルブを比べてみると、給排出口や可動シャフトの根本の形状が異なっています。
きっと改良されているんでしょうね。

交換に必要な工具

水栓の種類にもよりますが、今回は下記2つの工具が必要です。

ウォーターポンププライヤー

バルブ部分を固定しているナットを回すために使用します。
ウォーターポンププライヤーが無い場合、ナットにかかるモンキーレンチでも大丈夫です。

KENOH レッドG 溝付きウォーターポンププライヤー 250mm WPP-250


普通のプライヤーでも、ナットにかかれば回すことはできます。
最初、普通のプライヤーで外しました。

ドライバー

レバー固定用のネジを回すために使用します。

一般的なプラスドライバーで大丈夫です。

交換方法

まず、水とお湯の元栓を閉めて下さい。

水栓を覆っている白いカバーを上に抜き取ります。
水栓によっては、ネジ式の場合もあります。

次に、前回と同じようにプライヤーでバルブ部分を固定しているナットを外します。
回す方向は、反時計方向です。
ウォーターポンププライヤーは新しく買いました。

ナットが外れたら、中のバルブカートリッジを引き抜きます。
ナット以外では固定されていないので、簡単に抜けます。

今度は、新しいバルブを入れます。
向きがあるので注意。

先ほど外したナットを締め付けます。
回す方向は、時計方向です。

カバーをかぶせます。

新しいレバーを取り付けます。
ネジは、購入したレバーに付属していたネジを使います。

最後に、レバー上のカバーをはめ込みます。

元栓を戻して、水とお湯が出るか確認して、問題なければ完了です。

まとめ

業者に頼むほうが安心・確実ですが、自分で交換すればかなり安くすみますね
今回は、部品代が約5千円ちょっとですみましたので、かなり得した感じです。

ナットを回せる工具がある方は挑戦してみてください。

それと、自分で交換する場合は、自己責任でお願いします

前回の記事は、洗面台の水栓レバーとバルブを交換してみた-その①