強力分析ツール「Googleアナリティクス」にサイトを追加登録する方法


こんにちは、所長のにゃまんです。

以前から使用しているGoogleアナリティクス(Google Analytics)に、このブログを追加してみようと思います。
Googleアカウントが有れば、新規の場合でも同じ方法で追加することができます。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスは、Googleが提供している無料の分析ツールです。

サイトのヘッダー部分にスクリプトを貼る事で、どこの国や地域からいつ何人が訪れたとか、訪れた人の年齢層や性別などもGoogleアナリティクスで簡単に知ることができます。

Googleアナリティクスにサイトを追加する方法

以下は、追加で登録する場合の方法ですが、新規で登録する場合も方法は、googleのアカウントの作成が必要です。

まず、アナリティクス管理画面の左メニューの一番下にある「管理」をクリックします。


既にサイトが登録されている場合は、登録済のサイト名が表示されます。


アカウントのドロップダウンメニューをクリックします。


「新しいアカウントを作成」をクリックします。


登録画面が表示されますので、下記の項目をそれぞれ入力していきます。

トラッキングの対象

今回は、ブログサイトなので「ウェブサイト」を選択します。

アカウント名

アカウント名は、既に登録済のサイトと区別ができる名称を入力します。

ウェブサイトの名前

登録するウェブサイト名前を入力します。
今回は、「にゃまんシステム研究所」にしました。

ウェブサイトのURL

スキーム(http://または https://)を選択して、ホスト名を入力します。
スキームは「https://」、ホスト名は「nyaman.net」と入力しました。

業種

サイトに当てはまるカテゴリをドロップダウンメニューの中から選びます。
雑記ブログですが、「インターネット、通信事業」を選択しました。

レポートのタイムゾーン

該当するタイムゾーンをドロップダウンメニューの中から選びます。
「日本」を選択しました。

データ共有設定

このサイトのデータをGoogleのサービス向上のために使用して良いかという設定です。
特に制限する理由もないので、そのままの設定にしておきます。


上記の設定が終わったら、一番下にある「トラッキングIDを取得」をクリックします。


「Googleアナリティクス利用規約」が開くので、「アメリカ合衆国」の所をクリックします。
すると、ドロップダウンメニューが表示されるので、その中から「日本」を探してクリックします。


規約部分が日本語に変わるので、一通り目を通してから「同意する」をクリックします。


下のページが表示されたらGoogleアナリティクス側の登録完了です。


サイトタグを、トラッキングするサイトのヘッダー部分にコピペすれば設置完了です。

使用しているテーマによって、トラッキングIDのみをコピペすれば良い場合もあります。

確認方法

サイトの設置が完了したら、アナリティクス管理画面を開いて左メニューから「管理」→プロパティ「トラッキング情報」→「トラッキングコード」の順で開きます。


「テストトラッキングを送信」をクリックして登録したサイトが開けば、トラッキングは正常に動作しています。

ちなみに、登録してすぐはデータが無いため、アナリティクスの管理画面にグラフ等は表示されません。登録完了から1~2日経ってから確認してみて下さい。

まとめ

Googleアナリティクスでは、単にアクセス数だけではなく、ユーザーの国や都道府県、年齢層や性別、アクセス元も判るため、企業などには非常に有用な分析ツールになるのではないかと思います。

また、ネットショップではコンバージョンの計測により、商品をカートに入れてから注文確定までの各ページの離脱率が判るため、かご落ち対策に大いに役立ちます。

この強力な分析ツールを是非利用してみてください。

スポンサーリンク