「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とエラー表示された時の対処法

こんにちは、所長のにゃまんです。

Google Search Consoleに、下記のメッセージが表示されていました。

Google検索結果で悪影響を受ける可能性があるので、確認して修正することを検討してね。というような事が書かれています。そして、検出された問題というのが、「送信された URL に noindex タグが追加されています」でした。

今回は、上記メッセージが表示される原因と、対処法を紹介します。

スポンサーリンク

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」について

「Google検索結果で悪影響を受ける可能性がある」って言われると、ちょっとドキッとしますよね。

今回検出された問題「送信された URL に noindex タグが追加されています」はどういう事かと言うと、検出されたページに「noindex」が設定されているので検索結果に表示されなくなるけど大丈夫?って教えてくれています。

「noindex」は、検索エンジンにインデックス(登録)させないための命令で、ヘッダー内に下記のように記述すると、このページはインデックスされなくなり、検索結果に表示されなくなります。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

WordPressの場合は、投稿記事などページ毎に「noindex」の設定ができるようになっています。

意図的にインデックスされたくないページに「noindex」を設定しているなら問題はないのですが、ただ、Search Consoleにはエラーのまま残ってしまいます。

エラーを無くす方法

サイトにクローラーが巡回してくると、まず「robots.txt」を読み込むので、ここでインデックス対象から外したいURLを指定すれば、そのページはインデックスされなくなります。

例えば、下記URLをインデックスさせたくない場合。

https://nyaman.net/information

FFFTPなどのFTPソフトを使って、サイトのルートディレクトリにあるrobots.txtをダウンロードし、テキストエディターで下記を追加します。

User-agent: *
Disallow: /information

追加したら、再び元の場所に上書きアップロードします。
もし、ルートにrobots.txtが無かった場合は、新たにファイルを作ってアップロードします。

「User-agent: *」は、「User-agent:」=「クローラーの種類」、「*」=「全て」です。「Disallow:」=「禁止」という意味なので、Googleに限らず全てのクローラーに対して、「Disallow:」以降に書かれているURLはインデックス禁止ですよ、という意味になります。


次に、Search Consoleから、青い部分をクリックします。


ステータスの「送信された~追加されています」の部分をクリックします。


「修正を検証」をクリックします。


あとは、検証結果を待つだけです。
問題なければ、エラーは無くなります。

まとめ

例えば、URLを知っている人だけに限定公開したい場合は「noindex」の設定が有効ですが、むやみに「noindex」にはしないほうが良いでしょう。

お問い合わせフォームやプライバシーポリシーなども、重複コンテンツや低品質ページに該当する可能性があるので「noindex」にしたほうが良いという意見もありますが、そんなことは検索エンジンも理解していると思いますし、必要なページなので個人的には「noindex」にする必要はないと思っています。