サーバーで削除も移動もできない文字化けファイルを簡単に消す方法!FTPソフト WinSCPとFFFTPの場合

サーバーにファイルをアップロードしたりダウンロードするのにFTPソフトが欠かせませんが、ファイル名が文字化け表示になっていると移動したり削除ができない場合があります。

今回は、そんなファイルを移動や削除ができるようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

文字化けする原因

文字化けすると下のような表示になるのですが、この状態では移動や削除、リネームもできません。

なぜこのような表示になってしまうかと言うと、通常は文字コードをFTPソフト側で最適な文字コードに変換表示するはずなのですが、日本語のファイル名などは適切に変換されず、文字化けの状態となる場合があります。

文字化けの状態となっていると、FTPソフト側で正しい文字と認識できずエラーとなってしまうため、ファイル操作ができなくなってしまいます。

文字化けを直す方法

ここでは、FTPクライアントソフトのFFFTPWinSCPについて設定方法を説明します。

WinSCPの場合

「セッション」→「サイト」→「サイトマネージャー」の順で、ログインウィンドウを開きます。


「編集」をクリックします。


「設定」をクリックします。


「ファイル名をUTF-8でエンコード」を「自動」から「オン」に切り替えて、「OK」をクリックします。


「保存」をクリックすれば設定完了です。
「ログイン」をクリックして、再ログインしてみて下さい。

ファイル名が読めるようになっていると思います。

FFFTPの場合

「接続」→「ホストの設定」順で、ホスト一覧ウィンドウを開きます。


文字化けが発生しているサイトを選択し、「設定変更」をクリックします。


「文字コード」のタブをクリックします。


ファイル名の漢字コードの中から「UTF-8」を選択し、「OK」をクリックすれば設定完了です。
再ログインすると文字化けが直っていると思います。

まとめ

以上の設定を行うことで文字化けしたファイルを削除したり、移動、リネームができるようになります。

今回は、WinSCPとFFFTPの設定方法でしたが、他のFTPクライアントソフトでも同様に設定可能ですので試してみて下さい。

スポンサーリンク