PHPバージョンの違いでどれ位の差が出るのか試してみた

さくらインターネットでは、現在PHPのバージョンは7.2まで選択できるようになっています。
PHP5系に比べると高速になるのは判っているのですが、どの程度の速度差が出るか実際に確認してみました。

スポンサーリンク

速度の比較方法

今回はGoogle PageSpeed Insightsのスコアで比較してみました。
それぞれのPHPバージョンでほぼ同じタイミングで各10回測定を行って平均値を出してみます。

モバイルのスコア

まずモバイルのスコアですが、PHP5.6の時の平均値が52.0、PHP7.2が57.3でした。
バラつきはありますが、10回ともPHP7.2のほうが上回っています。

パソコンのスコア

次にパソコンのスコアですが、PHP5.6の時の平均値が75.3、PHP7.2が78.8でした。
これもバラつきはありますが、殆どのPHP7.2のほうが上回っています。



まとめ

いずれもPHP7.2のほうが高いスコアになり高速化は確認できましたが、正直なところ思った程の差ではなかったです。
感覚的にも、何となく早くなったような気がするかな。。。という感じです。

今回はCGIで確認しましたが、いよいよ来週モジュールモードに対応するようなので、その時にまた確認したいと思います。