【WPプラグイン】WP Multibyte Patchを有効化すべき理由

こんにちは、所長のにゃまんです。

WordPressと一緒にインストールされる「WP Multibyte Patch」というプラグインがありますが、このプラグイン、実は日本語のサイトには重要なプラグインなのです。

WordPressは元々日本で作られた物ではないため、日本語環境で起きる不具合に対応するためにこのプラグインが作られました。

今回は、WP Multibyte Patchについてと、設定方法について紹介します。

スポンサーリンク

WP Multibyte Patchについて

WordPressは英語圏で作られたため、1文字1バイトで表示される英語では問題ありませんが、1文字2バイト以上の日本語環境で使おうとすると様々な不具合が生じる場合があります。WP Multibyte Patchは、その不具合を改善することができます。

具体的には、下記の問題に対応しています。

●メールの文字化け
●検索で全角スペースがスペース区切りとして認識できない
●区切りが認識できず抜粋できない
●投稿文字数が正しくカウントできない
●トラックバックの文字化け
●ピンバック受信時の不具合
●アップロードしたファイル名の変換不具合、など

設定方法

設定は、プラグインを有効化するだけです。

もし、プラグインがインストールされていない場合は、「プラグイン」→「新規追加」から「WP Multibyte Patch」で検索をかけてインストールしてください。

まとめ

特に設定の必要もなく、日本語環境での様々な不具合を改善してくれるので、有効化しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク