あれを付けるだけ!簡単に辛い肩こりの痛みを和らげて楽にする方法

こんにちは、所長のにゃまんです。

特に寒い時期の肩こりは辛いですよね。
デスクワークが多いせいか、私も肩こりに悩まされていました。酷くなると吐き気がしたり、首まで凝ってきたりと、仕事が手に付かなくなるほど酷かったのですが、ある事をしているお陰で肩こり知らずになりました。

ホントにそれで肩こりが良くなるの?と思われるような方法ですが、これをしている人は意外に少ないようです。

今回は、肩こりを予防したり、和らげることができる簡単な方法を紹介します。

個人の感想です。効果には個人差があります。(お決まりの文句)
スポンサーリンク

肩こりの原因

なぜ、肩こりになるのでしょうか。
「肩こり」は症状であって、それになる原因は様々です。

長時間の同じ姿勢や精神的なストレスなどにより、筋肉が緊張した状態が続くと、筋肉が硬直し、そこに溜まった疲労物質が神経を刺激して痛みを感じるようになります。痛みを感じると筋肉がさらに硬直して、疲労物質がまた溜まり痛みが増します。そう、まさに負のスパイラル状態です。

肩こりになる原因を作らなければ良いのですが、仕事をしていたらそうもいかないですよね。

辛くなるとマッサージ器などに頼ったりしますが、一時的に楽になっても暫くするとまた戻ってしまいます。

それでは、そんな厄介な肩こりを簡単に楽にする方法を紹介します。

その方法とは

これから紹介する方法は、どちらかというと予防的な方法になります。

その方法とは、ネックウォーマーを付けることです。


えっ?それだけ?と思われるかもしれませんが、これ意外に効果があるんです。ネックウォーマーの代わりに、薄手のマフラーを巻いたり、タートルネックを着ても大丈夫です。

なぜ、これで肩こりが楽になるかというと、首の周りって、普段は何も覆われていないので、どうしても冷えやすくなります。ネックウォーマーで首元を覆うことで暖かくなるわけですが、すると筋肉の硬直がほぐれていき、血行もよくなります。
この状態を保てば、負のスパイラルに陥らずに痛みも和らいできます。

短時間では効果が出ないと思いますので、お風呂に入る時以外は常に付けている感じが良いと思います。

妻もかなり頑固な肩こり持ちで、凝りが酷くて整骨院でも手に負えないほどでしたが、これをするようになってから肩こりが楽になったと言っています。
今では、家にいる時や外出する時は、常にネックウォーマーを付けています。

まとめ

過度な期待はしないでくださいね。

でもこんな簡単な方法で、肩こりが楽になったり予防できる可能性があるので、騙されたと思って試してみてください。試す場合は、数日間は付け続けてください。

冷えからきている肩こりでしたら、この方法できっと楽になると思いますが、生活環境に変化がないのに急に肩こりが酷くなった場合は、脳梗塞など重大な病気の可能性もあるので、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク