春の山菜「ふきのとう」を収穫!天ぷらとフキノトウ味噌にして食べた!

こんにちは、所長のにゃまんです。

北海道にも、やっと遅い春がやってきました。

春の山菜と言えば、ふきのとうですよね。タラの芽のほうが好きですが。
子供の頃は、食べる意味が判らない食材の一つでしたが、今は旬の時期に山菜を食べられる事に幸せを感じます。

今回は、ふきのとうを収穫して、天ぷらやフキノトウ味噌にして食べた話です。

スポンサーリンク

ふきのとう収穫

家の近くの土手にもふきのとうが一杯出ていますが、もう花が咲いてしまっていたので、山のほうに採りに行ってきました。

こんな感じで花が咲き始めている物でも食べられますが、つぼみの状態のほうが断然美味しく食べられます。花が咲くと苦みが増します。

これが収穫したふきのとうの一部。

ふきのとう料理

素ゆで

レシピに茹でただけでも食べられると書いてあったので、茹でて生姜醤油で食べてみましたが、苦味が強くてちょっと...素材の味は堪能できますが、おすすめしません。

茹でる場合は、サッとで良いようです。元々はきれいな黄緑色でしたが、ちょっと茹で過ぎるだけで残念な色になってしまいます。

天ぷら

やっぱり、ふきのとうと言えば天ぷらですよね。

衣も付けてサッと揚げるだけで、出来上がりです。
あとは、日本酒かビールがあれば最高です。

ふきのとう味噌(ふき味噌)

これも、美味いですよね。
ご飯に乗せて食べたら最高です。

ふきのとうが無い時は

近くにふきのとうが無い時は、ここで買えます。

農家の味自慢ふき味噌

¥830から

北海道産 ふきのとう(200g)×1パック
【発送期間】3月下旬~4月中旬【出荷元:北海道四季工房】

¥750から

まとめ

旬の山菜を食べられるなんて幸せですよね。
機会が有れば、タラの芽も紹介したいと思います。

ふきのとうのレシピはこちら

スポンサーリンク